全福センター
文字の大きさ
  • 標準
  • 拡大

利用の申込

利用の申し込み

申請受付期間と申込みの方法

午前9時から午後8時(休館日を除く)までです。
申し込みは申請者が直接ご来館のうえ、所定の利用申請書により申し込んでください。

電話による予約申し込みもできます。予約後、一週間以内(別途期間を設けている場合はその期間内)に申請・お支払いを済ませてください。
万一、手続きがなされない場合は、予約取り消しとなりますのでご注意ください。
トレーニングルーム、シャワーの予約は不要です。

申請受付期間

現在は、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、電話による予約受付日を設けています。
詳しくはトップページお知らせ欄にあります「〇月分の施設予約受付について」をご覧ください。

多目的ホール
利用日の3ヶ月前の月初めから受付。
例:4月~7月分受付開始
※引き続き2日以上使用しようとする場合は、その最初の日をいう。

リハーサル室・会議室1、2、3・視聴覚室・実習室・研修室・和室・技能講習室・テニスコート
利用日の1ヶ月前の月初めから受付。(多目的ホールと併用するときは、その申込期間。)
例:4月~5月分受付開始

トレーニングルーム・シャワー室
利用しようとする日

テニスコートの抽選会による受付
利用2ヶ月前の毎月第4土曜日(休館時は第3土曜日)の午後2時から抽選により受付ます。

多目的ホールの抽選会による受付
利用4ヶ月前の最終水曜日
(祝日・休館日にあたる場合はその前の水曜日)

○「ホールとして独占利用」の場合
  ①午前10時に受付

○「体育室として独占利用または部分利用」の場合

  ②午後2時に受付(午前・午後分)
  ③午後7時に受付(夜間分)

利用できる時間

午前9時から午後9時まで(利用時間には準備や後片付けの時間も含みます)

休館日

毎週月曜日(国民の休日に当たるときはその翌日)
国民の休日の翌日(日曜日及び国民の休日に当たるときを除く。)
12月26日から翌年1月5日まで

連続利用期間

施設及び附属設備の利用期間は、引き続き3日を超えることはできません。

利用承認と利用料の納入

利用料は、承認書又は利用券の交付を受ける際に納めて頂きます。
利用料の額は別表のとおりです。
多目的ホールの「ホール利用」承認については、申請後5日程度の調整期間を要する場合があります。

利用を承認できない場合

次の場合は施設の利用承認はできません。
1.公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認めるとき。
2.センターの設置の目的に反するとき。
※当センターは「政治活動」「宗教活動」および「営利」を目的とした利用はできません。
3.センターの管理上支障があると認めるとき。

利用承認の取り消し

次の場合は、すでに承認を受けている時でも利用の取り消し又は停止をすることがあります。
1.センターの条例に違反したとき。
2.利用の許可に付した条件に違反したとき。

利用権の譲渡等の禁止

利用承認を受けた施設や設備を、利用目的以外に利用したり、利用権を譲渡・転貸することはできません。

利用を取りやめるとき

利用を取りやめるときは、速やかに利用取消届を提出してください。

利用料の還付

すでに納められた利用料は還付しません。
ただし、利用者の責めに帰すことができない理由により取り消す場合は、全額還付します。
なお、還付申請書には印鑑と利用承認申請書が必要です。

利用の前に

施設利用に必要な人員

利用者は必ず会場責任者をおいてください。また、入場者の整理や案内・放送などに必要な人員は、利用者側で手配してください。さらに事故等の発生にそなえて係員と打合せをし、万一の場合にも万全の対策がとれるようにしてください。
なお、事故などの場合は利用者側で責任を負っていただきます。

催し物によって舞台・照明・音響の要員が必要ですので、事前に細部にわたり係員と打合せをしてください。

道具等の持込

道具・照明器具その他の器具などを搬入される場合は、その種類、数量、時間などを事前に連絡し、承認を受けてください。また、終了後は直ちに搬出してください。

利用者側で準備するもの

接待用のお茶、事務用品・消耗品は利用者が用意してください。
各部屋には、アルコール消毒液を設置しておりませんので、利用者各自でご用意ください。

車の駐車について

62台駐車可能です。